本文へスキップ

イギリス情報 - シニア専用ホームステイ情報サイト|イギリスの中高年シニア向けホームステイはワールドブリッジへお任せ下さい。

〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル2階

TEL. 03-3562-7878

イギリス情報United Kingdom INFO.

イギリスの概要

正式名称
「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)という。
日本語の「イギリス」は、English(イングリッシュ)から転じたもの。そのため「イギリス=イングランド」と誤解されがちだが、実は国家としてのイギリスは「イングランド」だけではなく、「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」の4つの「国」が集まった連合王国。
首 都
ロンドン
経済、文化、政治が結集するイギリスの最大都市で、ヨーロッパを代表する都市の筆頭。
ウェールズの首都:カーディフ
女 王
エリザベス2世(2012年で在位60年Diamond Jubilee)
面 積
244,820K㎡(日本の約2/3)
・ウェールズ:20,761K㎡(カーディフ市内:約6.65K㎡)
人 口
63,181,800人(2011年資料、日本の半分強)
・ロンドン:約760万人で東京の約6割程度。
・ウェールズ:約300万人(カーディフ:約35万人)
通 貨
ポンド£とペンスp
£1=100p

イギリスの言語

事実上の公用語は英語(イギリス英語)であり、もっとも広く使用されている。
他に、イングランドの主にコーンウォールでコーンウォール語、ウェールズの主に北部と中部でウェールズ語、スコットランドの主にローランド地方でスコットランド語、北アイルランドの一部でアルスター・スコットランド語とアイルランド語が話されており、それぞれの構成国で公用語になっている。


イギリスの時差

グリニッジ標準時を使用
日本との時差は通常-9時間
サマータイム(3月最終日曜~10月最終日曜)は-8時間
また日没は、夏は21時~22時頃だが、冬は16時頃には暗くなる。
因みに、9月中旬の日の出時間は6時30分頃、日没時間は19時15分頃。


イギリスの気候

イギリスは北海道よりずっと北に位置するが、メキシコ湾暖流の影響で、冬の冷え込みは日本の方が厳しいが、夏は湿気が少ないので日本のように汗ばむことは少なく、夜などは薄いセーターが欲しい時もある。特徴は1日の天気が変わりやすいこと。1日のうちに、晴れたり雨が降ったりと目まぐるしい気温の変化がある。


気温の目安:9月の平均気温ですので、目安として下さい。

都市名 平均最低気温 平均最高気温 平均降雨量
カーディフ 11℃ 18℃ 94ml
ロンドン 11℃ 19℃ 53ml
(*参考)東京 21℃ 27℃ 209ml

服装の目安(ロンド及びカーディフ)

春 3~5月 夏 6~8月 秋 9~11月 冬 12~1月
薄手のコート
ジャケット
カーディガン
ストール
薄手のカーディガン
やジャケット
シャツ・ブラウス
コート
ジャケット
セーター
ウィンドブレーカー
ストール
厚手のコート
セーター等の暖かいもの
マフラー・手袋・帽子

※年間を通して、雨具等の用意は必要。
※イギリス人は服装やマナーについて厳しいイメージがあるが、日常生活ではシンプルな服装が多く、カジュアルな服装でOK。ただし、コンサートや観劇、高級レストランでの食事といった特別な場に出るときは、男性はジャッケト、女性はややエレガントな服装が必要。


~イギリスの注意するマナーについて~

・マナーの基本は相手に対する「思いやり」と「優しさ」と理解して下さい。
・欧米では気持ちを言葉に出して表現することが大事なので、ホテル、バスや地下鉄の中、デパートなど、普段でもHello、Please、Thank you、 Excuse me、Sorryの言葉は、必ず言うようにしましょう。日本では人とぶつかっても何も言わない人も多いが、人との距離間に敏感な欧米社会では、とても失礼になるので気をつけよう。
・イギリスでは順番よく並ぶという習慣が普段の生活の中でよく見られる。銀行、郵便局、スーパー、地下鉄などで、割り込んで来る人はめったに見られません。
・エスカレーターは右側に乗る 左側は急いでいる人のために開けておく。
・イギリスはレディ・ファーストの国。ホテルやデパート等の出入口では女性を先に。先に通してもらったら、サンキューThank you の言葉を忘れずに。
・イギリス人が最も嫌うしぐさは人前で鼻をズルズルすすること。イギリス人は鼻をズルズルすするよりは、人前で堂々と鼻をかむ。


その他の情報

イギリスの電源変換アダプター

・電圧:イギリスの電圧はAC230~240ボルト(50ヘルツ)で、日本の電気製品(ドライヤー等)はそのまま使えず、変圧器が必要。また、ユニバーサル仕様になっているデジタルカメラ、携帯電話などは変圧器がなくても大丈夫だが、コンセントの形状が日本と異なるので、市販の海外用プラグセットをご持参下さい。
イギリスでは三叉プラグ(タイプBF→左図)が主流。

・チップ:日本にはない習慣だが、イギリスはレストランやサービスを受けた際にチップを渡す。チップはあくまでも、自分が受けたサービスに対する評価であり、感謝の気持ち。
よく「相場は請求金額の10~15%」と言われているが、サービスに満足しなければ、これより少なくても全く問題はない。
ファーストフード、パブなどではチップは必要ない。


コース案内 募集要項 説明会のご案内

バナースペース

株式会社オーバーシーズ・トラベル
ワールドブリッジ・デスク

シニア専用ホームステイ情報サイト_ワールドブリッジ
シニア専用ホームステイ情報サイト_ワールドブリッジ_ロゴ

〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-7
銀座大栄ビル2階
TEL. 03-3562-7878
FAX. 03-3563-2320

E-mail. info@world-bridge.co.jp

一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
観光庁長官登録旅行業第366号

ホームステイ後の個人旅行・グループ旅行もワールドブリッジへどうぞ!


シニア専用ホームステイ情報サイトでは英国ウェールズの首都カーディフでの英語研修と生活体験(ホームステイ)の宿泊プランをご用意しております。

語学レッスンや各種アクティビティなどあなたに最適な旅をご案内します。

当ツアーのお問い合わせ・資料請求・お申込みはワールドブリッジへお任せ下さい。